カテゴリー別アーカイブ: My 引越し

引っ越した後の対応と慣れ

引っ越をした時は、慣れるのには時間はあまりかかりませんでした。
便利性というか、似たような家だったので、そのままスムーズに日々を過ごすことができていました。
しかし、お風呂の沸かし方や、そう言ったものが最新の設備では無かった為に、そういった違いの部分だけは気を付けていました。
今の家は最新の設備が整っている物が多いでしょうから、多分問題はないでしょうね。
しかし、古いアパートやマンションだと、こういった事もあると思います。
後は、自分に必要な物を揃えるだけだったのですが、ネットなどの環境は移動させる事ができないため、ネット回線などは申し込みし直したりしています。
そう言った事は、事前に下調べをしておくといいですね。
引っ越しに対応してくれる会社もあるでしょうから、こういう時に使うと便利だと思います。
後は、住めば都と言いますか、自然に慣れてくると思います。
都会に引っ越したのなら便利性が増しますが、田舎に引っ越したなら、スーパーの場所などを把握しておかなければなりませんからね。
そうした事では、生活に変化が現れるかもしれません。

印象が悪かった引越し業者について

印象が悪かった引越し業者について
引越しをする場合には引越し業者をしっかりと選ぶ必要があります。
私は過去に何度も引越しを経験していますが、中にはあまり良くない引越し業者もありました。
他の引越し業者の見積もりなどは取らず、金額が安いというだけで即決してしまったのが問題だったようです。
引越し業者から派遣されてきたスタッフは2人いたのですが、1人が若くてとても対応が悪く、またこちらが女だということもあってなめられてしまったようです。
荷物の詰め込み方などもなんだか適当で、また荷物を運ぶ時も疲れただの重いなどと愚痴を言いながら運んでいてとても気分が悪かったです。
最後にこんな狭い部屋に荷物置きすぎだろうと捨て台詞のようなことまで言われてしまって、よっぽど会社にクレームをつけてやろうかと思ってしまいました。
荷物に傷などをつけられたりはしなかったのですが、気分が本当に悪くなってしまってイライラしてしまいました。
やはり金額だけで選んでしまうというのはサービスもそれなりになってしまうのですね。

安く済んだ引越しについて

私は以前同じ町内への引越しをしたことがあります。
その時は徒歩でも行けるほどの距離だったため、引越し業者を使わず自分たちだけで引越しを行ないました。
引越し当日は私の兄弟や両親などに手伝ってもらったのですが、当日までにも暇を見つけては、ちょくちょく運べそうなものは徒歩で運びました。
そして引越し当日には、家電やタンスなど大きな家具だけを身内総出で運びました。
ただいくら近いとはいえ大型の荷物は徒歩で運ぶわけにはいかないので、二トントラックを一台レンタカーで借りて、何度も往復をしました。
この引越しではかかった費用といえばそのレンタル代くらいで、他は全て自分たちだけで行なったので、引越し料金はほとんどかからず、ものすごく安く済んだ引越しでした。
そのトラックのレンタル代は一日借りて八千円だったので、トータルしても一万円以下で引越しができたことになります。
引越しの移動距離が近いと、こんな風に安く引越しができるのでした。

引っ越しは業者選びが大切です


引っ越しをするときには、2カ所以上の引越業者で見積もりをしてもらったほうがいいです。
業者によって値段や保障に違いがあったりするからです。

私は、以前賃貸住宅から分譲住宅に引っ越してたことがあります。
その時にそう感じました。

値段があまり安すぎても、雑だったりこちらの要求することをしてもらわれない場合があるし、高すぎても損をするので、引っ越しするから側ではあまり引っ越しの相場の金額が分からないので、いろんなところで見積もってもらった方が、いいと思います。
また知り合いや、友達に引っ越しの話をすると、案外いい引越し業者をしている場合があるので、知人などに相談してもいいかもしれません。

私は、見積もりの最中に、ふとしたきっかけで知人とかにそういった話をしたときに、この業者さんだったらすごくいいよって言うのを教えてもらい、そこにしました。
人の口コミは、結構、当たっているなって思いました。

ネットだったらこういうところから探してください。
無事にスムーズに引っ越しできました。
また知人の紹介だったので、少し、安くなりうれしかったです。

少しでも料金を安くするための工夫を

楽しい新生活を送るためにはやはり引っ越しは欠かせませんが、これが思った以上にお金がかかるものですから結構悩みますよね。
同じ業者を利用するにしても、引越しシーズンを避けたり、土日祝日などを避けたりするだけでもだいぶ安くなりますし、工夫次第で色々と安くできますから、私も安くするコツなどを調べてそれを実践するように心がけました。

また、価格交渉などもできるだけやったほうがいいようです。
もちろん既にギリギリの安さで提供している業者などは無理ですが、そうでなければだいたい少しは安くする事が可能です。

また、距離によって、荷物の量によってもどこが一番お得な業者か、というのが変わってきますので、自分の量や引っ越し先までの距離も含めてしっかりと見積もりをとる事が大切です。
荷物が少ないお引越しの場合は、赤帽が個人的にはおすすめです。

引越し・配送は赤帽へ

とはいえ、個人経営なのでそのドライバーによって質がバラバラな可能性があります。
ですが、私が頼んだ赤帽さんのサービスは本当に完璧なものでした。

引っ越し業者にお礼は渡す?渡さない?
引越し後のお礼について悩んでいるなら読んでみてください。

引っ越しで後悔したこと

引っ越しで後悔したこと
私はこれまで5回引っ越しをしていますが、4回目の引っ越しでのエピソードです。
引っ越しをするまで会社へは電車通勤をしていましたが、仕事で夜遅くなることが増えてきたので引っ越しして通勤時間を短縮したいなと考えている頃、丁度知り合いの不動産屋からいい物件が会社の近くにあるのを紹介してもらいました。
実際物件を見に行くと、築年数もまだ数年しか経っていないということでしたので外観も内装も綺麗で駅からも近く、その割には家賃が安かったため、私もその物件を気に入り、契約して引っ越しをすることにしました。
引っ越しに際し、業者の方に引っ越しをお願いすることにしましたが、その引っ越しをしようとした時期が3月末で、それが引っ越し業者の繁忙期にあたり、どの業者に頼んでも、もう他の引っ越しの予定が入っていて引っ越しを受けれないか、受けれたとしても非常に高額な引っ越し代となってしまうということでした。
しかし、もう契約しているので、引っ越さないわけにはいかず、結局高い引っ越し代を払い引っ越ししました。
特に引っ越しを急いでいたわけでもなかったので、引っ越しの時期をずらして引っ越し代が安い時期に引っ越せばよかったと後悔しました。